早期教育のメリット「親子のコミュニケーション」





早期教育の問題点・反対意見「科学的な裏付けがない」でご紹介した、小児科医の榊原先生は、早期教育メリットについては、こうおっしゃっています。



「最近、子どもとどう遊んだらいいのかわからない、という親御さんがよく見受けられます。



そのとき、子どもとのかかわりのきっかけのひとつとして早期教育を使う、というのは悪いことではないと思います。



早期教育の教材というのは別に恐ろしいものではなくて、積み木やカードなど、ふだんから遊びにも使えるものです。強制的にやるのでなければ、子どもは親に遊んでもらった気持ちになるし、親は子どもに何かしてあげたという達成感・充実感を得ることができるでしょう。



そういう、親子関係を仲立ちするものとして早期教育を使うのならばよい影響があるといえるのではないでしょうか。決してそれで“脳の発達に効果がある”とはいえませんが」



早期教育の科学的なメリットが解明されていないとはいえ、親子のコミュニケーションが子供に良いのは、常識的に考えて当たり前。



「愛情を持って、我が子に接する」



結局、それこそが、最高の早期教育であり、早期教育メリットでもあるのかもしれませんね。 ひらめき 




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。