学校と早期教育 「学校教育は脳をパターン化してしまう」




2ヶ月になる愛娘が、順調にぷくぷくと太り、おかめ納豆のキャラクターにそっくりになってきました。なんだか微妙な気分の、管理人@親バカです。



さて、我が子への早期教育を考える上で、学校との関係を外すことはできません。



この早期教育学校の問題について、私自身、とても「気付き」が多かった文章をご紹介します。皆さんもきっと、「はっ」とするはずです。


↓↓↓


今の学校は昔と違い、かなりのハイレベルな内容の授業が、ハイスピードで進みます。そうなると「考えさせる学習」が出来なくなるのです。考える事よりも問題を解くことが優先されます。



たくさんの公式を教えて、たくさんパターン化させることで、難しい問題でも解けるようになるのです。難しい問題が解けると成績も上がり、成績が上がると、自分は賢いのだと勘違いしてしまいます。



成績のよさと頭の良さはまったく別問題です。



この時期はパターン化させるよりもたくさん考えさせてあげて欲しいのです。



幼児期に基礎ができてその基礎の出来上がった脳に、学校の勉強だけしかしないのはどうでしょうか。



昔からある言葉で「よく遊びよく学び」という言葉があります。



遊ばなければいけない時期に、学校の宿題に一日の大半を使ったり、遊ぶことをせずにテスト勉強に打ち込んだり、これではよく遊べません。



ではなぜ「よく遊び」なのでしょうか?なぜ遊ぶことによって賢くなるのでしょうか?



それは遊びの中では、常にパターンが変化します。いくらIQが高くてもパターン認識や公式人間は上手に遊べません。外で上手に遊べない子は、ゲーム中心になりがちです。



ゲームはパターン化しているので、IQが高くてパターン認識や公式人間には楽しいのですが、友達と何かをしたり、楽しい遊びを考えたりできなくってきています。



それは子どもたちだけではなく、われわれ大人もパターン化してきているのは、お気付きですか?



本来は自分で考え十人十色であるはずの「楽しいデートの仕方 」「料理の本」「コミュニケーションのとり方」「上手な近所付き合い」「もてる技術」などが、パターン化され掲載されている情報雑誌がよく売れています。



なぜたくさん売れるかというと、小さいころからIQが高くてパターン認識や公式人間が増えているからです。


>> 久保田式ブレインワンダー「早期教育の害」






【管理人@親バカより】


「パターン認識」「公式人間」・・・まさに私に当てはまる言葉です。実は私、人とのコミュニケーションが大の苦手なんです。もうやだ〜(悲しい顔) 学校の勉強、たしかに得意だったんですよね・・・。



我が家の場合、妻が私とはちょっとタイプの違う人間なので、我が子が公式人間になる可能性はかなり低減されているはずですが。



愛娘には、ぜひ「上手に遊べる子」になってほしいものです☆よく遊ばせることが、最高の早期教育みたいですね。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。